生きている地球と人をつなぐシミュレーション - 株式会社 地震工学研究所

>English  >简体中文



製品詳細

◆ NANSSI/2D (非線形解析 / 2D / EWS・Linux / 地盤・水連成 )

ソフトウェア詳細 イメージ画像


1 プログラム概要

NANSSIは、地盤の液状化あるいは液状化に至らずとも間隙水圧の上昇に伴う地盤の剛性低下による影響を解析的に評価することを目的として開発したシステムです。また、構造物の非線形性を考慮した動的解析も可能です。


2 プログラムの機能

2-@ 解析の基本手法

・2次元有限要素法
・陰・陽混合法
・非線形解析法


2-A 外乱条件

・鉛直上昇波
・静的自重


2-B 境界条件

・側方粘性境界
・底面剛体基盤
・底面粘性境界


2-C 要素ライブラリ

・平面歪要素(四角形または三角形)
   西モデル
   修正Ramberg-Osgoodモデル(修正R-Oモデル)
   修正Hardin-Drnevichモデル(修正H-Dモデル)

・ビーム要素
   一般型トリリニア型
   ディグレーディング・トリリニア型
   逆行型
   原点指向型
   最大点指向型
   バイリニア・スリップ型

・ばね要素

・ジョイント


2-D 静的解析

・荷重増分法

・掘削及び盛立など施工過程を考慮

・平面歪要素の構成則
   Duncan-Changモデル
   Cam-Clayモデル
   西-江刺モデル
   西モデル


2-E ポスト

・NAPOST1
   加速度ベクトル図(最大値、同一時刻)
   速度ベクトル図(最大値、同一時刻)
   変位ベクトル図(最大値、同一時刻)
   応力ベクトル図(最大値、同一時刻)
   各種コンター図(最大値、同一時刻)
   各種ハッチ表示図(最大値、同一時刻)

・NAPOST2
   加速度、変位等の経時変化
   応力−歪履歴
   有効応力径路
   応答ベクトル(計算機能も含む)
   任意断面の最大応答深度分布


2-F その他

・PROPERTY
 PROPERTYは、NANSSIで採用されている地盤の非線形構成則の入力パラメータを設定するための支援ツールとして開発したものであり、各パラメータの定性的な特性の把握や感度の把握が容易に行うことができます。
  1. 単純せん断試験などによる動的強度(液状化強度)のシミュレーション解析
  2. 単純せん断試験などによる動的変形特性(G、h〜γ)のシミュレーション解析
  3. 三軸圧縮試験による応力−歪関係のシミュレーション解析
  4. 上記のシミュレーション解析結果の図化



価格

NANSSI/2D

仕様 価格 (税抜) 備考
EWS版 6,000,000 -


特記事項

注1) 本価格表は平成26年4月のものです。記載された価格、内容は将来予告無しに変更される場合があります。


NANSSI/2Dは株式会社地震工学研究所と株式会社構造計画研究所の共同開発商品です。



▼クイックリファレンス▼


ページの先頭へ